東海日報 http://www.tohkaishimpo.com/index.html パソコンからの方はRDF site summaryをクリックしていただくと便利ですよ。

2012年04月16日

友達のために仕返しをした話

復讐とはいえないかもしれない。もう時効だろう。


続きを読む
posted by 楽天野郎 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 復讐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

呪い掛けられたんだけどww

事の発端は、学生時代に付き合った彼女だ。
その彼女のスペックは見た目は普通よりかわいいくらいで、
おっぱいもCよりちょいあるくらいのいい感じぱいぱい。
Hもなかなかうまい、というか男のツボを押さえている感じ。
まぁ要はビッチだったんだよね。


性格は比較的穏やかで、周りからも好かれるような彼女だった。
お互いに学生(言い忘れたが専門学生である)ということもあって、
毎日泊まり込みのギシアンに励む日々である。
しかしお互いにお互いの生活がやはりあるわけで、
毎日一緒にいるなんてのは到底不可能である。
自己中我儘セ●ロス大臣の俺は駄々をこねる。
俺に甘々な彼女は俺の我儘を毎回のむことになるんだな。


当時完全に精子脳だった俺は、わがままを言ってはセ●ロスさせてもらってた。
10分でも時間が出来ればベッドインといった具合だ。
しかし我儘が度重なれば彼女の不満は確実に蓄積されていくわけで。
俺はそんなの気づかず我儘放題。
あるとき彼女のフラストレーションは爆発することとなる。

彼女「もう君の我儘にはついていけない。」






続きを読む
タグ:黒魔術
posted by 楽天野郎 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 復讐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

後輩と喧嘩したわ。まじで。いやまじで。

俺 高3 170cm56kg
後輩 高1 174ぐらい?ガタイはガッチリで彼女いるっぽい


俺が遅刻寸前だったから
ダッシュで学校前の信号渡ろうとしたら
その彼女持ちの2コ下後輩が俺にぶつかってきた(わざと)

それで、俺が謝ろうとしたら
「殺すぞ」
とか言ってきたんすよwwww



そいつは短髪でトップ立たせてる奴
歩き方がマジで気持ち悪い
両脇をすごく広げたまま歩いてる

で、彼女はブス
「殺すぞ」って言われて俺は一瞬身体が硬直した
たまたまこの日は朝1人で来ていたから味方がいなかった

俺もやっぱり受験生としての意地があるから
「ハァ?」って言い返してやった






続きを読む
posted by 楽天野郎 at 20:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 復讐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

DQNに復讐した話

小坊、厨房の頃、超絶デブだった
ピーク時(小坊)
身長150
体重75キロ


小、中の頃はDQNに散々虐められたが皆勤だった
虐めて来るDQNは3人組

小坊 親無しって事に対しての精神攻撃が主流
厨房 虐め内容は腕灰皿、トイレでサンポールかけられるなどなど

続きを読む
タグ:DQN 不良 馬鹿
posted by 楽天野郎 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 復讐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

DQNを退学にしたったwwww

ことの始まりは、俺が高校に入学して一週間ぐらいの時だった
黒板から一番近い最前列の席に座っていた俺は、授業中ふと、背中に小さな何かがコツコツと当たっていることに気がついたんだ


ちらりと目線を後ろに向けると、席が二つ後ろのDQNが、にやにや笑いながらこちらに向かって、丸めた消しゴムのカスを投げていた


はじめは俺ではなく
俺の後ろの席の奴を狙ったのが外れて俺に当たったんだと思った
なぜなら、俺はこのDQNと、入学してから一度たりとも言葉を交わしたことがなかったからだ



だが、どうやらターゲットは俺で間違いないらしい
なぜ俺が?
そんな疑問を抱くが、一定の間を置いて消しゴムのカスは俺の飛んでくる
背中からひそひそ聞こえる、DQNと取り巻き達の押し殺した笑い声
正直、腹がたったが今は授業中だ
怒鳴りつけたがったが俺はとりあえず耐えることにした


だけど、DQNは反応が薄い俺に飽きたのか、10分もせずに攻撃は止んだ
……この時のアイツは想像もしなかっただろう
この些細な嫌がらせが、後に二年がかりにおよぶ復讐作戦の幕開けとなることを


続きを読む
posted by 楽天野郎 at 19:00| Comment(0) | 復讐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うぜーやつにいたずらしたでwww

俺はさっき、マックに行って
いつもどおり仕事を探してたんだよ
んで、てりやきバーガーを頼んで自分の席に戻ろうとしたとき、そこでは何があったと思う?
中国の女子大生?くらいのやつらが俺の座っていた席を陣取ってたんだ

「あの、すみません、そこ僕が座っていたんですけど」って言ったら、そいつらなんていったと思う?

「知らない」って日本語で言われた。んで談笑再開した。
腹立つ。めっさ腹立つ。

だって俺のかばんが押しのけられてるんだもん。廊下に。ぐいって。
しかも財布だけ何故かそのかばんの上に乗ってるんだよ。
俺いつも財布ごとじゃなくて必要な金を財布から取って買いに行くんだけど、
それが裏目に出たらしい。
でも俺財布かばんの中に入れて置いたんだぞ?
なんで出てるんだよって思った


続きを読む
posted by 楽天野郎 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 復讐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

俺の嫁が腐っているわけがあった2www

腐っているわけがあった1
http://omokowa.seesaa.net/article/257601686.html
俺の嫁がついにぶっ壊れる


当日、12時過ぎに親族集合。ちょっといいとこの和食の店で昼食。
マンションに戻りリビングへ。

俺父「なかなかいいとこじゃないか!」
俺母「綺麗じゃな〜い」
嫁父「日当たりいいな」
嫁母「すごいソファねえ〜」
俺「ハハッワロス(ねえねえ継母さん!そのソファ!!あんたの馬鹿娘と浮気相手の体液で汚れてますよ!!)」
嫁「でしょでしょ!」








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


続きは↓






続きを読む
posted by 楽天野郎 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 復讐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俺の嫁がこんなに腐っているわけがあったwww

スペック 29男 28嫁 マンション暮らし

普段の通勤は中央線使ってるんだけど、事件が起きた日は
中央線が事故だったかな? で止まってて長蛇の列が出来てた。


ちょっと待ってれば動くだろと思って、近くのマック行ってスマホでスレチェック。
20分くらいのんびりして駅に向かったんだけど全く動いてないみたいで
おっさんが怒鳴ってた。仕方ないので会社に遅れる旨を電話でお伝え。

今度はスタバで勉強開始。
近くに座ってる人に勉強してるアピールしまくる。
1時間程経って駅に戻ってみると、電車自体は動いてるみたいだけども
ものすごい行列が出来上がってた。ホームに着くまで何分かかんだって感じ。


色々考えた結果、今日はバイクで通勤という結論に達し、急いで帰宅。

マンションが見えてくると同時に嫁が出てきてた。珍しくけっこう高めの服に身を包み、
ヒール高めでおめかし。バイト行くとは聞いてなかったんで遊びに行くのかなーと思ってなんとなく尾行。

5分くらい歩いて国道に出て、トヨタのステーションワゴン?みたいなのに躊躇無く乗り込む嫁。
あんなの乗ってる友達いたっけ?と不思議に思いながら帰宅してバイクで出勤。


俺は遊びに行くのは禁止とかしてなかった。子供は欲しいと思ってたんで結婚を機に嫁は仕事辞めた。
そんでホテルで結婚式とかの配膳?ウェイトレス?のバイトしてた。
俺は会社で周りと小競り合い。
なんか買うのも遊びに行くのも自分のバイトで稼いだ金なら俺は文句言わないし
なんで欲しいかって理由に俺が納得出来るなら俺の稼ぎで買う感じで仲良く暮らしてたね。


その約半年後、俺がたまたま昼過ぎに帰宅した時のこと。
俺は偏頭痛持ちで、その日はどうもよろしくなかったので上司に
ふぇぇ……あちゃまいたいよぅ……と伝えて帰宅。

嫁をびっくりさせてやろうと音を立てないようにひっそりドア開け閉めして家に侵入。
俺「?」
俺のじゃない革靴が玄関に脱ぎ捨ててある。


続きを読む
posted by 楽天野郎 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 復讐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

元彼女へ法的に復讐した話 (非常にためになる)

1年前の話。
当時付き合ってた彼女と同棲していて、彼女は×1だった。
子どもが1人いて、俺になついていたし婚約もしていた。
その彼女に浮気されて別れたのが1年前。
それからの1年間、元彼女への復讐を続けてきた。
本日やっと全ての復讐が完了したので、その経緯を話していく。
暇だったら見てってよ。

自分:28歳(当時27歳)
婚約者(M):23歳(当時22歳)


2010年7月

婚約者の浮気が発覚。
婚約者のPCで、ある掲示板サイト(婚約者もよく利用する)を見たら名前欄にハンドルネームとトリップがオートコンプリートで表示されていた。
そのトリップキーが、自分も知り合いの男の名前だったので、そこから発覚してその日のうちに破局。
自宅は婚約者の名義だったので、俺はすぐに同棲中の家を飛び出た。
夜中の3時頃で、ダンボール2個の荷物を分速2メートルくらいの速さでコンビニまで運び、実家に送る手続きを終えた頃には朝方になっていた。
その後飲み物を購入して、コンビニの駐車場で朝日が昇るまで時間を潰し、始発の新幹線で地元まで帰った。
仕事は辞めた。


2010年9月

元彼女から電話があった。
悩んだ末に電話を取って話をした。
浮気や別れたことは無かったかのように彼女は近況や子どもの話をした。
30分ほど会話をして、子どもの話を聞くのが辛くなったので「明日も早いしもう切るね」と切り出すと、「また電話してもいい?」と返ってきたので、「あぁ・・・うん」と曖昧な返事をして電話を切った。

その後次の日も仕事だったが、朝まで胸が苦しく眠れなかった。



眠れない夜を過ごしながらモンモンとしていると、浮気をし別れたにも関わらずいけしゃあしゃあ電話してくる神経に腹が立ち、辛かったのが段々怒りに変わっていった。
そして、「また電話をしてもいい?」と聞かれた時にはっきり断れなかったこと、その理不尽な行為に抗議することもできなかったことが悔やまれた。
そのうちに朝がきて、出勤前にメールで「もう連絡はしてくれるな」ということ。
「あなたのおかげでずいぶんと苦しんだし、それに追い打ちをかけるように電話をかけてくる」行為に対してずいぶんと語気強く抗議したメールを送った。


その後メールの返事は無く、普通の生活を日々送っていた。
しかしまだ精神的には立ち直ることはできず、酒量が増えて眠れない日が続く。
ある日に深酒をしてインターネットをやっていた時、ふとMがネット上で書いていた日記のことを思い出した。
未練がなかったと言えば嘘になるし、また別れてその後にどんなことを書いているのか気になったので覗いてしまった。
今思えばこれをみなかったらこの後に続く復讐も無かったし、もう少し早く立ち直れたんじゃないかと思う。


続きを読む
posted by 楽天野郎 at 15:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 復讐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered By 画RSS
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。