東海日報 http://www.tohkaishimpo.com/index.html パソコンからの方はRDF site summaryをクリックしていただくと便利ですよ。

2012年06月18日

メンヘラが厨二病に恋したら大変なことになった

1: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 17:09:28.17 ID:+ATxRYC70

メンヘラです。ごく最近までの話です。
メンヘラの話でも聞いてくれたら嬉しいです。


2: 2012/06/16(土) 17:12:07.17 ID:+ATxRYC70

とりあえず立ったので書きます。
私は10年ほど心療内科にかよっています。
診断はうつ病と言われていますが、自分では躁鬱病ではないか、と
うたがっております。

スペックを書いた方がいいでしょうか?
あまり詳しく書くと相手の方にも迷惑になるので詳しくは書けませんが…


3: 2012/06/16(土) 17:17:49.43 ID:+ATxRYC70

スペックですが、
私はパート社員、三十路手前、痩せている、不健康

彼は居酒屋の店長、同じく三十路手前、165センチ、厨二病
平成ノブシコブシという芸人の吉村に似ていて、髪形はアシッドのyasuみたいです


4: 次元ワープ王東京ルバン少年 ◆y3PFSAwFZk 2012/06/16(土) 17:19:15.92 ID:wZfUfaNd0 BE:1523021292-2BP(0)

メンヘラが厨二病に恋したら大変なことになった


7: 2012/06/16(土) 17:24:46.10 ID:+ATxRYC70

>>4さん
はい、大変なことになりました。


5: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 17:21:27.78 ID:et7ujsvYO

三十路の厨二病は厳しいな;
こじれ具合にもよるけど


7: 2012/06/16(土) 17:24:46.10 ID:+ATxRYC70

>>5さん
結構メンヘラに匹敵するほどのこじれ具合でした


6: 2012/06/16(土) 17:22:59.78 ID:+ATxRYC70

見てる方いますかね…?とりあえず出会った経緯を書いていきます。

去年の秋が終わる頃だったか、某SNSのコミュニティで、彼が私にメッセージをくれました。
そのときは会うとかそういう話はなく、お互いの日記にコメントをしたりして、
楽しくやりとりをしていました。

でも、私が年明けに落ち込んでいたら、彼が、「カラオケに行こう」と言ってきました。
「いつが空いてる?」と言われたので、「月末かな」と言ったら、
「あ、なんだったら今日行こうwww」といきなり言われました。


9: 2012/06/16(土) 17:29:08.75 ID:+ATxRYC70

続き書きます。

それで、私はびっくりしたけど、「いいよ」って言いました。
そこで彼が「アドレス教えとく?」と言ったので、メッセージ上で携帯のアドレスを
教えてもらいました。

時間は確か夕方6時過ぎでした。
街の駅で待ち合わせをしました。私は分かりやすく、目立つ色のカラータイツなどを
履いて行きました。

そしたら、すごくオシャレにした男性が私に近づいてきて、「1ちゃん?」と言いました。
私は「うんwあ、吉村くん?」と言いました。

あ、彼の呼び名は吉村くんにします。


10: 2012/06/16(土) 17:36:04.87 ID:+ATxRYC70

吉村くんはすごくオシャレでした。前述しましたが、アシッドのyasuみたいな
髪型に、襟にフェイクファーのついた、ロングコートを着ていて、
私はとても緊張していました。

とりあえず私は「ノブシコブシの吉村に、似てるね…w」
「でしょ?よく言われるんだよーでもあいつ身長高いよね、むかつくw」

そんなやりとりをし、彼の車に乗りました。
そしてカラオケ店に到着。とりあえず3時間ほど歌うことにしました。

吉村くんは、案の定というか、V系の歌しか歌いませんでした。
そして、暇があれば携帯をいじっていて、私の歌を聴いているのか?
と思って最初はイラっとしました。

カラオケが終わったあと、彼がお腹空いたといったので、ファミレスに行くことに。
そこで、いろいろ話してみようとがんばりました。


12: 2012/06/16(土) 17:42:19.93 ID:+ATxRYC70

でも最初はすごく緊張していたので、あまり上手く話せず、彼が
「人見知りするタイプ?」と言われてしましました。
「いや、そんなことないんだけど・・・」

正直にいうと、私は彼が凄くタイプでした。
だから、緊張して上手く話せなかった。
オシャレだし、すごくかっこよく見えました。

それで、私は「吉村くんは今まで何人と付き合ったことあるのー?」と
定番の質問をしてみました。
すると彼は苦笑いしながら「その話はやめよw」
「えーなんで?」
「いや、片手で足りるよ…」

このときの私はまだ知らなかったんです。彼がなぜ恋愛話をしたがらないのか…
これが、今後の「大変なこと」にも繋がっていきます。


14: 2012/06/16(土) 17:48:52.53 ID:+ATxRYC70

そこで、ファミレスでカップルを見て、彼は「あ、リア充wくそw」とか言ってました。
そんなことをしてたら、私の終電時間があと少ししかなくて、どうしようと思っていたら、
彼が「終電間に合わないでしょ?送ってくよ」と言ってくれました。
私は「本当に?ありがとう!」ととても嬉しかったのを覚えています。

それで、道中、兄弟はいるのか、とか、趣味は、とかそんな他愛のない話を
したと思います。

そういえば、街から私の家までは1時間半ほどかかります。
それなのに送ってくれました。

そして私の家に到着。
彼は「また暇だったらカラオケいこーね」って言ってくれて、「うん、ありがとう!
じゃあまたね!」って言って別れました。


16: 2012/06/16(土) 17:59:36.06 ID:+ATxRYC70

それから毎日、彼と他愛のないメールのやりとりをしていました。
途切れることなく。すごく嬉しかったです。

そしたら彼が、彼の働いているお店の料理の写メを送ってきました。
おいしそうでした。

私が「いいなーおいしそうwお店行ってみたいけど、一人じゃなぁ…」
「そんな気負うことないよwただの居酒屋だからw暇だったらおいで」
そんな風に言ってくれたので、じゃあ今度行ってみようと思いました。
それで、金曜日か土曜日か忘れましたが、彼のお店に行きました。

すると、彼は笑顔で迎えてくれて、「あ、そういえば苗字聞いてなかったよね?」
「あ、うん。○○だよ」って言ったら「俺は○○」と教えてくれました。
彼の名刺も貰いました。

そのときお店は全然お客さんがいなくて、私一人でした。
彼にきくと、このお店はまだ開店したばかりだから、と言っていました。

お店では、程よくお酒も入っているお陰か、前よりは緊張せず話せました。
彼は、まぁ接客業だからでしょうが、話し上手で聞き上手で。
私もすごくいい気分になって、とても楽しかったです。
そして、彼の笑顔がすごく素敵でした。

そこで、私は確信しました。
吉村くんのこと、好きだなって。
会って二回目で好きになるなんて馬鹿みたいだけど、最初に会ったときもすごく
タイプだったし、それも手伝っていたのだと思います。
一目惚れ…みたいな感じでしょうか。


18: 2012/06/16(土) 18:09:26.66 ID:+ATxRYC70

それからというもの、私は仕事が終わったら彼のお店に週1で通っていました。
仕事の休み時間とか、休憩時間にも、いつも、毎日メールをしていました。
私はどんどん彼を好きになっていって、メールでもスキスキアピールを始めていました。

このとき、私は鬱状態ではなかったです。
恋にうきうきしていて感情が高ぶっていたのか、とも思いますが、
なんだか躁状態のような感じでした。
睡眠時間が少なくても全然平気、なんでもできる、とか思っていたと思います。
なんだか私の方が厨二病のようですね。私はメンヘラです。

それで、何度かお店に通っていくうちに、私はきっと彼の良い部分しか見ていなかったのでしょう。
告白しよう!と思いました。
初めて会ってからわずか1ヶ月だったと思います。
今考えると馬鹿すぎます。上手くいくわけありません。

彼にメールで、「吉村くんのこと好きだよ!でも、ちゃんと会って伝えたいから、
今度会ったとき改めて告白させてください」
と伝えました。
そのメールを送る前から、吉村くんを好きだとにおわせるメールを送っていたので、
多分彼は普通に私の気持ちに気づいていたと思います。


19: 2012/06/16(土) 18:17:27.06 ID:+ATxRYC70

でも私は何を思ったか、今すぐ気持ちを伝えたくて、彼に
「やっぱり電話していい?今日話したい。仕事終わったら電話していい?」とメールしました。
そしたら彼は「わかった」って言いました。

その夜。
彼の仕事終わりから暫くして、電話大丈夫かと聞いて、電話しました。
私は「あの、本当は会って言おうと思ったんだけど…あの、吉村くんのことが好きなんだ。
だから、もし良かったら付き合って欲しい」と伝えました。

彼は「うん…」と言いました。
え?うん?OK?
とか思っていたら彼が「もっと会ってからだな」と、もっともな答えを出してきました。

そりゃOKもらえるわけないか…と落胆しましたが、もっと会って、仲良くなったら
チャンスがあるってことだ!
そう思って、私は前向きに考えることにしました。

そしたら彼は「あ、俺も話したいことあるからさ…今度ね」
何か嫌な予感がしました。


20: 2012/06/16(土) 18:27:09.09 ID:+ATxRYC70

その嫌な予感が的中した日。

私は例によって彼のお店に行きました。
そしたら彼はその日、私を車で送ってくれると言いました。

そのとき、話したいこと、を話すんだろうか、と思ってドキドキしつつ、車に乗りました。

道中、彼は全く話そうとしません。
全然関係のない話をします。
私は我慢できずに、思い切って聞きました。
「あの、電話で言ってた話したいことって何?」
そしたら彼は「ああ…」というように、
「俺ね、人と付き合ったことないんだよ」
え?嘘だぁ…とか思っていたら。
「付き合うってなに?何で付き合わなきゃいけないの?」と少し怒った口調でいいました。
私は「いや・・・一緒にいたいから…」
彼は「なら一緒にいたい、それでいいじゃん!仕事でも気遣ってんのになんでそこまで
しなきゃなんないの?」
まくし立てられて私は泣きそうになりましたが、ぐっとこらえて、
「付き合ってたら、今後のこととか、いろいろ先があって…話し合ったりしてさ…」
そしたら彼は「それが一般的なんだろうけど、何で俺がそれに合わせなきゃいけないの?
俺は誰とも付き合わない。それを理解してくれないなら俺を好きにならないで」
と言われました。


22: 2012/06/16(土) 18:32:46.68 ID:+ATxRYC70

私は彼がいわゆる魔法使いの人だとはとても思えなかったので、聞いてみました。
「吉村くんは、付き合ったことはないけど…したことはあるの?えっち…」
「大学の頃、周りからみたら、恋人じゃないか、って間違われるような女はいたけどね。
絶対認めたくないけど!」
と、また怒った口調でいいました。

なんでそんなに付き合うことに嫌悪感を抱くのが、私には分かりませんでした。

それに、電話で言った「もっと会ってから」の意味と反してきます。
私の家に着くまで、いろいろ口論のような話になって、もう私は泣きそうになっていました。



23: 2012/06/16(土) 18:39:55.14 ID:+ATxRYC70

家に着いたら、暫く黙っていました。

私はメンヘラです。メンヘラはもれなくビッチです。

私は、これでもう終わりでいいやと思って、彼に「キスしたい」と言いました。
そしたらもちろん拒まれる。
でもしつこくしましたそれで彼は「キスするの…?」
って言うから私は「する」と言い、車の中で、運転席に座る彼の上に覆いかぶさる
ようになり、彼のほほに手をあて、キスをしました。

すると彼もその気になり、逆に押し倒されディープキスをされました。
でもすぐやめてしまいました。

私は「もっとして」って言ったら「俺、あんまり理性ある方じゃないから…もうだめ」
なんて言われて、「いいじゃん。ならしちゃおうよ」って答えました。
もちろん、エッチのことです。
でも彼は「は?だめだって!自分を大切にして」と言ってきました。


24: 2012/06/16(土) 18:46:56.32 ID:+ATxRYC70

あまりよく覚えていませんが、そのときは仕方なく、抱き合って、帰ったと思います。

私がメンヘラを告白したのは、その次に会ったときだったと思います。

また彼のお店に行って、彼が送ってくれ、私の家に着いたときのこと。
私はまたキスしようとしました。そしたら「ねぇ、これ何回繰り返すの?」
と冷たい顔で言ってきました。

私は何も言えず、「好きだから・・・キスしたい・・・」
と、ボソっと呟いて、泣きました。

「ごめんなさい、私が人を好きになるのが間違っていました。すいません、ごめんなさい。
好きになってごめんなさい」
と、ちゃんと言葉にならない声で鼻水をたらしながら言いました。

すると彼は、突然、私を抱き寄せました。


25: 2012/06/16(土) 18:54:38.33 ID:+ATxRYC70

抱き寄せられ、手は頭を撫でるように、していました。
顔と顔が近くにありました。

彼は「自分で自分を傷つけるようなこと言うな!話ならいつでも聞くから!
分かったか?!」って怒っていました。
私は「ううううぁぁぁっぁぁあーーー」と凄く泣いてました。

すると彼は、突然、「ヘミングウェイって知ってる?」と聞いてきました。
「うん、名前だけは知ってるけど…」
「その小説家のだったかなぁ…多分、その小説家の本にね、こういう言葉があるんだよ」
って、彼は突然優しい声になりました。

「たしか、人間は負けるようには出来ていない…って…」
「うん…」
私は彼に寄り添いながら話を聞いていました。
他にも何か言っていたと思うのですが、失念してしまいました。

それで彼は「落ち着いた?」と優しく聞いてきて、
私は彼から離れて、ティッシュで鼻水を拭きながら、「うん・・・」
と言いました。

それで、彼は泣いている私のほほを包みこみ、優しくキスをしてきました。


26: 2012/06/16(土) 19:00:28.95 ID:+ATxRYC70

それでしばらく手を繋ぎあって、私は調子に乗って、
「もういっかい」とキスをねだりました。

すると彼は「さっきしたからもうだめ」って言いました。

それで別れました。


あ、この件がある前に、私は、「吉村くんを好きでいるのがつらい、好きでいても
付き合えないなら前に進めない。私のこと嫌いになって、嫌いって言って」
とか言いました。

そしたら。「なんで他人任せなんだよ?!じゃあ自分で駄目なところ10個くらい
紙に書いてみろ!それができねーんだったら嫌いになってやるよ!」と怒られました。


そのようないろいろな件があっても、私は彼の顔が見たくて、週に1回は必ず
お店に行きました。
彼も最初の頃と変わらず、笑顔で、優しく接してくれました。


27: 2012/06/16(土) 19:07:33.44 ID:+ATxRYC70

でもなんか、毎週お店に行って、なんか私ストーカーみたい・・・
とか勝手に思って、彼にもうお店に行かないっていいました。

そしたら「なんで?」っていうから、「毎週お店に行って、ストーカーみたいじゃん、気持ち悪い」
っていったら、かれは「俺がそういったならそうして。店に来たくないのに来いとは言わないし」
って返されました。

このあたりの時期の私は仕事がしんどくて、かなりストレスが溜まっており、
病院にも行けていませんでした。
そのストレスを彼にぶつけていたのかもしれません。

でもまた仲直り?して、今度はバレンタインデーがやってきました。
前からチョコあげるからねって言っていて、私はゴディバの高いチョコを買いました。
そして、バレンタイン前日、私は彼に改めてラブレターを書きました。

内容は、彼の好きなところ、いいところを10個くらいあげて、「ずっと、なにがあっても
大好きだよ!」と綴りました。


28: 2012/06/16(土) 19:21:57.86 ID:+ATxRYC70

バレンタインの日は、お店が忙しいらしく、私はチョコと手紙だけを渡しに行きました。
お店の前に行って、彼が出てきて、私は「はい、チョコ!あ、あとチョコが溶けるくらい
熱いラブレターが入ってるからw読んだら捨ててね、恥ずかしいからw」
と言ったら彼は笑って「ありがとうw捨てないよw添削して返すよw」とか冗談を言ってました。

確かこのとき、「俺もなにか書いて渡すね」みたいなことを言っていたような気がします。
彼はポエマーで、意味深な詩をよく日記にUPしているのです。


その次の週も、お店に行って、チョコはどうだった?とか聞きました。
そしたらおいしかったよって。
あと、ラブレターのことも、ありがとうって。

それから何日か経って、またお店に行ったら、私は彼の手をよく触っていたんですが、
その日は恋人繋ぎ、っていうんですか、あの、お互いの指と指をがっしりと絡ませるやつです。
それで、「私は吉村くんだけがいいんだよ♪」と言って、
彼も微笑んでいました。

私がお店のカウンターで、彼に、冗談で「ちゅーしてw」って言ったら、
本気でしてこようとしたので焦って「ちょっとまって!ここじゃまずい!」と言ったら
「うわー…傷ついたー…弄ばれたー…」とか言って、冗談なのか本気なのか
分からない態度でした。
それが二回くらい続いて、私も終電が近くなったので、帰ることにしました。

彼は「間に合う?メールちょうだいね」って言ってお店の外までついてきてくれました。
そこで私は「じゃあ…ここでキスして?」って本気で言ったら
彼は黙って私のほほに手をあて、ゆっくりキスをしてくれました。
私はものすごく恥ずかしくなって「うはっ…ほんとにした…」と顔を片手で覆って、彼を見てみました。
彼は真剣な顔をしていました。


29: 2012/06/16(土) 19:27:07.23 ID:+ATxRYC70

そこでバイバイして、本当は、終電にわざと乗らないでやろうかとか思っていました。
彼が、「もし間に合わなかったら、連絡して」って言ってくれたからです。

でも私はギリギリ間に合った終電に乗りました。
彼には「終電間に合ったよ!」ってメールしました。
彼からの返信は「そっか、間に合って良かった(`へ´#)」

なんで最後顔文字が怒ってるんだろう?と不思議に思いました。

今思うと、ここが分かれ道だったんだと思います。


30: 2012/06/16(土) 19:34:31.65 ID:+ATxRYC70

後日、なんでか下ネタのメールになって、
私は「吉村くんが好きだから、吉村くんとエッチしたいんだよ!大好きだから!」
彼は「…ふぅ」
ん?と思って「ふぅって何が?」って聞いたら「いや、2ちゃんでふぅって言ったらwww」
って言われて、ああ、そういうことか、と合点がいきました。

この辺りが、とても私にとって幸せなひと時だったと思います。
手を恋人繋ぎして、キスして、そんな会話をして。
恋人同士みたい、なんて思ってました。
彼も私を嫌いなら、キスや手を繋いだりなんてしてこないと思ったからです。

でも彼は気まぐれでした。
オールでカラオケに行ったとき、私はカラオケルームの中で「キスして」って言いました
でも彼は冷たく「しないよ」って言いました。
「なんでー…?気分屋だね…」って言ったら「うん、そうだよ」って言われました。


31: 2012/06/16(土) 19:40:04.46 ID:+ATxRYC70

私はキスは諦め、彼から少し離れて座りました。そしたら今度は向こうから
私に近づいて座ってくるのです。
本当に気まぐれ、気分屋…とか思いました。

でもカラオケはとても楽しかったです。
採点機能を入れて、私が高得点を出したら彼は「すごい!」とほめてくれたし、
彼が歌って点数が低かったら「なにこれ?!しかもなにこのアドバイス!」とか
突っ込んだりして。

そんなカラオケで、やっぱりオールなので、彼は先に寝てしまいました。
彼の寝顔を見て、可愛いな、とか思って、私も眠くなったので寝ました。

そこから、だんだん歯車が狂い始めてきました。
狂わせたのは私なんですが。


36: 2012/06/16(土) 19:55:14.19 ID:+ATxRYC70

>>32さん
すいません、ものすごく長くなります。できるだけはしょります。


彼が呟いていた言葉
「友達と彼女の何が違うんだ?彼女はただ単に他の女よりも少し贔屓しますよーってだけだろ」

私はこれを見て、愕然としました。
忘れていた。彼は誰とも付き合うつもりはないんだった。
勝手にいい感じになっていたから、彼女ヅラしていた。
それで私は仕事の休み時間に、「あの呟き、私のせいかな…?私、好き好きうるさいから…」
そしたら「いや、違うよw2ちゃんのまとめで、これはいい言葉だ、って思ったのを
忘れないように書いただけ」

「そっか…でも曖昧なのは嫌だからね、私は、吉村くんが今までセックスしてきただけの
女と違うからね。吉村くんと付き合いたいから」
とか、最初の方で、ヤろうとか考えていたのを棚にあげてメールしました。

かれは戸惑ったように「もうこの話やめよう」とか「それが一般常識なのは分かってる。
でも俺に押し付けられても困る」とか逃げることばかりで、はっきりしません。
「はっきり聞きたい」って言ったら、「今度会ったときじゃだめ?」
って言うから、いいよって言って、メールは終わりました。


33: 2012/06/16(土) 19:45:47.47 ID:+ATxRYC70

ちょうどホワイトデーの何日か前、彼は「今日何日だっけ?」と聞いてきたので
教えたら「1,2,3、あと○日か…」と呟いていました。
「どうしたの?」と聞くと、「いや、なんでもない」

多分バレンタインのお返し、考えてくれてたのかな?なんて思ってました。
違ったら笑えますけどw

彼とは相変わらず抱きしめあったり、彼からボディタッチがよくありました。
なんせお店は全然繁盛していないので、ほとんど二人きりだったからです。

そんなとき、SNSで彼がこんなことを呟いていました。


34: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 19:47:07.00 ID:Xne4Q7QH0

さすがメンヘラ
構って臭が凄い


38: 2012/06/16(土) 20:05:10.71 ID:+ATxRYC70

>>34さん
すいません、ものすごく構ってちゃんです。


次の日、私は仕事の休み時間に「もう会って聞くのいいや、今すぐ教えて?」
って、答えを催促しました。

そしたら「これ以上は望めないから、友達でいて」

私は血の気が引くのを感じました。吐き気がして、眩暈がして、仕事も集中できなくなり、
早退しました。

私はパニックになって、彼に「もうあんたなんか嫌いだ」とか「顔も見たくない」とか
言ってました。
彼は「勝手に嫌いになれば?」とか「じゃあメールしてくんなよ」って言ってきました。
私は「そんな風に馬鹿にして、なんなの?」とかどの口が言うって感じで返信したら
「なんか煽られてるっぽいから同じく返したんだけど。ってか疲れてるんじゃないの?」
「ええ、疲れてますよ、病院にも行けてないし、あんなこと(友達でいて)言われたらつらい」

それで家に帰り、薬を飲んで、落ち着きました。
「ごめん、すこし落ち着いた」
「せっかく早退したんだから、休んだほうがいいよ」
って言ってくれました。


35: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 19:48:02.44 ID:PyHb8qd60

初カキコ…ども…

俺みたいな中3で2ちゃん見てる腐れ野郎、他に、いますかっていねーか、はは

今日のクラスの会話
あの流行りの曲かっこいい とか あの服ほしい とか
ま、それが普通ですわな

かたや俺は電子の砂漠で死体を見て、呟くんすわ
it'a true wolrd.狂ってる?それ、誉め言葉ね。

好きな音楽 eminem
尊敬する人間 アドルフ・ヒトラー(虐殺行為はNO)

なんつってる間に10時っすよ(笑) あ〜あ、義務教育の辛いとこね、これ


40: 2012/06/16(土) 20:11:31.19 ID:+ATxRYC70

その日の夜は眠れませんでした。
不眠症もあるので、睡眠薬を飲んでいるのですが、全く眠れません。
なので彼にメールしました。

「なんか眠れないや・・・」
すると彼は「なんか・・・ごめんね」
「いや、いいよ、あやまらなくても。いつもこんな感じだし」
かれは「ほんとにごめんね」って言ってました。


あ、ホワイトデーの件ですが、上記と似たようなやりとりがあり、またストレスが爆発した
私は、ホワイトデーの2日くらい前に、「もう吉村くんのこと好きでいるの疲れた。もういいや、どうでも」
って言って、暫く連絡を絶っていたので、ホワイトデーは一緒に過ごしていません。

でも何日か後にまたお店に行って、仲直り?して、それで「友達でいて」って
言われました。
すごい執着心だな、と自分でも思います。


41: 2012/06/16(土) 20:15:23.39 ID:+ATxRYC70

彼とは友達。
それを言われてから、彼はキスをしてくれなくなりました。

でも、お店で二人きりになると、私の体を触ってきます。
何がしたいのかよくわかりませんでした。

友達なんじゃないの?友達の体、ベタベタ触るの?
ずっとそれが頭の中にあって、私は彼にメールでいいました

「友達の体に触るっておかしくない?」
他にも何か言いました。

それから、ボディタッチはなくなりました。


42: 2012/06/16(土) 20:19:39.23 ID:+ATxRYC70

その前に、彼が例の件を呟いたとき、私は彼に「お前は体目当てか?!」とか
攻め立てていました。

するとその日の夜、彼から「電話していい?」ってメールがきて、
電話してきました。

「俺は体目当てなんかじゃないから。体目当てだったら、今までいっぱいチャンスあったでしょ?
カラオケとか、車とか。それに俺、ヤるなら絶対逃れられないような言葉使って、
罪悪感持たせないようにやるから。それくらい簡単だから。ヤるとなったら」
と言っていました。


45: 2012/06/16(土) 20:24:01.12 ID:+ATxRYC70

ボディタッチがなくなって、また爆発したストレスを彼にぶつけて、離れて、
また戻って、の繰り返しで、
私は4月に、日記に「もう恋とか面倒くさい。出会わなければよかった。好きにならなきゃよかった」
と書いていました。

多分彼もそれを見たのでしょう。
4月の20日ごろにお店に行ったとき、彼は冷たい顔をしていました。
今まで見たことのないような顔で。

そして、「俺ちょっと出てくるから。お客が一人なら、俺いなくてもいいでしょ」
って言われて、「うん・・・」と言って私はお店にとりあえず入り、彼は出て行きました。


48: 2012/06/16(土) 20:31:13.22 ID:+ATxRYC70

ああ、もうダメだな、終わったな・・・
と思いました。
もうお店には来れないな、ってやっと気づきました。

その日を最後に、私はお店に行くのをやめました。

そして5月6日の23時くらいに日記を書きました。
今回の失恋は長引きそうだ、みたいなこと。
彼をまっすぐ、素直に好きだったのは本当だよってこと。
でも彼は自分の話を一切してくれなかったから、私は信用されてなかったんだなってこと。

そんなことを泣きながら書いて、暫く、彼のページは見ないようにしようときめました。

それで、暫くたって、やはり気になった私は、彼のページに行き、日記を見てしまいました。

私が5月6日23時に書いた日記のすぐあと、5月7日の3時ごろに書かれた日記。
そこにはこんな風に書いていました。


50: 2012/06/16(土) 20:37:24.78 ID:+ATxRYC70

>>47.さん
わかりました。続けます。


彼の日記の内容。
そのまんま書くと身バレしそうなので、なんとなく覚えているところを。

「融けないで残った雪のように
叫べば消えるか、泣けば晴れるか

自分をさらけ出すのが怖かった。他人の敵意が怖かったから
自分をさらけ出すのが怖かった。他人の悪意が怖かったから

望めば戻るか
願えば叶うか

人の好意を踏み躙り、愛情を弄び、人心を辱め

他人に甘えて自分に甘えて

もう許されない」

たしかこんな内容でした。


52: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 20:38:25.81 ID:/DYpkBc+0

>>50
ポエムっぽいとこが厨二病だな


53: 2012/06/16(土) 20:43:30.11 ID:+ATxRYC70

>>52さん
彼は他にもいろいろ詩を書いていますよ。自分で厨二病とも言っていますし。


私はそんな日記を呼んで、私のことを言っているんだろうか?と思いました。
だとしても揺れるもんか、もう会わないぞって思ってました。

そして6月13日
「吉村くんの可愛い笑顔が見たい。また話したい」
「今日は休みで街に遊びに来ているので、お店、行きます。では」とメールしました。

ブレすぎな自分が滑稽です…


55: 2012/06/16(土) 20:49:46.19 ID:+ATxRYC70

お店に行くのは約2ヶ月ぶりです。
最初はまた冷たい顔をされるんじゃないかと怖かったのですが、
お店に入ったとき、彼は「早かったね」って笑顔で迎えてくれました。

笑顔をみたとき、やっぱり可愛い、好きだ、と実感しました。

それで、いつも私が座っていたカウンターの端っこのいすに座ろうとしたら、
彼が「あ、そこじゃなくて、こっちに座って?」って言ってきました。
そこはカウンターの真ん中の席でした。
私が「なんで?」って聞くと、「俺がそこにいるから(カウンターの向かいに)」と言いました。

なんか嬉しかったです。

しかししばらくして、ある女性が入ってきました。
彼は彼女にすごくフレンドリーに接していました。私は気が気じゃありませんでした。


56: 2012/06/16(土) 20:58:16.58 ID:+ATxRYC70

女性も、彼に「うっせーよw」とか言っていて、とても仲が良さそうで。

私は彼に聞いてみました。
「あ、あの人は・・・友達?」彼は「なんで?」
「いや、なんか、仲良いから…はは」
「いや、みんなあんなもんでしょ」
ああ…そうですか…

それで、お店は前と違ってすごく繁盛していて、お客さんもほとんど帰っていきました。
でも、彼女は帰りませんでした。

私は彼に「あのさ、あの女の人と、話してみていい?」って小声でいいました。
彼は苦笑いしながら「別にいいけど・・・なんで俺にきくの?」

そして私は結構酔っていたので、彼女に、「すいません!吉村くんから許可が出たので
お話していいですか!?」って聞きました。
おっさんですね。


58: 2012/06/16(土) 21:05:38.80 ID:+ATxRYC70

女性に「いいですよー」って言われて、なんか他愛のない話をしました。

そんなとき、彼が出前に行きました。
私はチャンスだと思い、いろいろ聞きました。

「彼とは友達ですか?同級生とか?」
「いや、まぁ友達ですよ、同級生じゃないけど、同い年です」

「いつ知り合ったんですか?私は去年の10月か11月だったんですけど」
「私は〜去年の3月だったかな?」←1月と言っていたかも。忘れてしまった。

「私は某SNSで話しかけられたんですけど、そちらは?」
「あ、私もそうですよ〜そのころ会いませんか?って言われたんだけど、二人きりはちょっと…
と思ってたら、もう一人女の人いますよ〜っていうから、じゃあいいですよって」

「あれ、彼ってそのころ違う仕事してましたよね?」
「そうですね○○やってましたねー」

そこで彼女は衝撃の事実を話す。


59: 2012/06/16(土) 21:12:03.80 ID:+ATxRYC70

>>57さん
もうすこしで終わりますよ。


彼女は「その女の人と、吉村、一緒に帰るっていうんですよ。だから、私、付き合ってるの?
って聞いたんですよ。そしたら、女の人が、帰る方向が同じだからって。
そんで、付き合ってないよ〜でもヤることはヤるけどね〜って言ってきてビックリしてw」

え?付き合ってないけど、ヤる?そんな女がいたと?彼に?

それが確か去年の5月だったとか・・・酔ってたので忘れましたが。

なんだ、私が最初のほうでセックスを迫ったときは、「セフレとかそういうのいらないから」とか
かっこよくきっぱり断ったくせに。
口では何とでも言えるんだな…と思いました。



60: 2012/06/16(土) 21:18:47.72 ID:+ATxRYC70

毎度毎度後出しですいませんが、
よくお店に行っていたとき、私はものすごく酔っ払って、下ネタを彼にふっていました。

「吉村くんが最後にエッチしたのはいつですかーーでへへwww」
「え、昨日」

は?
「マジで!??」
焦った私は、「何でも他人の話を鵜呑みにしない方がいいよ」
とか言ってたんですが、真実は分からず。

別な日にも聞いてみたら
「何ヶ月か前じゃない」って言ってました。

私はその彼女にその話をしてみました。
そしたら「何ヶ月か前とか…嘘だろ。昨日だろ昨日」
って言ってました。

私はまた焦って「彼って…そんなにヤリチンだったんですか!?」
「そうですね〜けっこう遊んでんじゃないかな」

そうですか・・・


61: 2012/06/16(土) 21:19:58.94 ID:+ATxRYC70

間違えました。
彼が、「何でも他人の話を鵜呑みにしない方がいいよ」と私に言いました。


63: 2012/06/16(土) 21:26:54.23 ID:Nv2UOQAa0

そしてら、吉村君が古村君になって、東船橋駅で総武線を降りてからの足取りはわからなくなりました。


65: 2012/06/16(土) 21:28:09.31 ID:+ATxRYC70

>>63さん
なりすまさないでください!


64: 2012/06/16(土) 21:27:02.19 ID:+ATxRYC70

私は「でも、私、カラオケとか車で二人きりになったけど、手出されてないですよ?!」
彼女は「えぇ?!ありえない!絶対ありえない!あいつが女と一緒にいて手出さない
なんて、珍しい!」

そこまでか・・・
そんなに私は彼のストライクゾーンの端っこにも入っていないのか・・・とか落胆しました。
でも本当の理由はおととい、やっと気づきました。

私がメンヘラだからです。構ってちゃんだからです。
しかも、彼の職場割れてます。会おうと思えばいつでも会えます。

そんな女に手出したら、店に来て、何されるか分からないですよね。
私はそれに気づいていなかった。
ずっと、私はセフレにもされないほど魅力のない女なのか、と悩んでいたのですが。

見当違いもいいところですね。


66: 2012/06/16(土) 21:33:15.23 ID:+ATxRYC70

そんなこんなで、彼が帰ってきたので話は終了。

私は彼女がトイレに行ったのを見計らって彼に聞きました。
「なんで吉村くんは、私に手出さないの?」
そしたら見るからに不機嫌な態度になり、
「今そんな話したくない。するなら帰って」
私は「は?じゃあいつするのさ?」って言ったら、
彼はノートパソコンをバタン!と勢いよく叩きつけるように閉じ、どこかに行ってしまいました。

それから彼とはずっと口もきかず、私も黙って俯いていました。

なんだか馬鹿らしくなってトイレに行きました。
トイレで10分くらい泣きました。

なにやってんだろう、って。


68: 2012/06/16(土) 21:39:41.16 ID:+ATxRYC70

そんなことをしていたら、もう終電ギリギリの時間に。
私は暗い声で「お会計お願いします・・・」と言いました。

すると彼は営業用の爽やかな声で、「○千円になります」と言いました。
私はお金を払って、店から出ました。

彼女はまだ帰る気配はありませんでした。

彼は店の外まで見送ってくれましたが、私は、また泣いて、彼の顔を見れませんでした。
そしてエレベーターがついたら、私はすぐに乗って、1階のボタンを押しました。
そのときも彼の顔を見れませんでした。

無粋な話ですが、彼女が「あいつが女と二人きりで手を出さないなんてありえない」
と言っていたことがすごく引っかかったのです。

あなたも女性ですよね?じゃあ・・・まさか・・・?
そんなこと口が裂けても聞けませんでしたが。


69: 63 2012/06/16(土) 21:47:05.65 ID:Nv2UOQAa0

古村君が姿を現したのは、それから3ヶ月経った頃だった。

私は思わず「吉村君!」といって駆け寄り、抱きしめてしまった。
すると古村君は「吉村は死んだ。俺は古村だ」と遠い目をしてつぶやいた。
「なんで、なんでそういうこと言うの」私は問い詰めた。
古村君は悲しそうな目をして私に言った。「横棒が、横棒が一本、どこかへ行ってしまったんだよ」
「じゃあ、その横棒さえ取り戻せれば、あなたは吉村君に戻れるのね」
「多分。だけど、何の手がかりもない。それに意外と古村でいるのも悪くないんじゃないかと思ってる」
「何でそんな弱気なの!そんなの吉村君じゃない」
「だから俺は古村だよ」


67: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 21:39:10.07 ID:PyHb8qd60

付き合ってないのに彼女面とかきもいよね


71: 2012/06/16(土) 21:50:32.57 ID:+ATxRYC70

>>67さん
ですよね、彼もウザイと思ってたと思います。私も、今では気持ち悪いことしてたと
思っています。


家に帰って、大変なこと。

死のうと思いました。
とりあえず、先に遺書を書きました。
仕事でミスばかりして、体調も悪くなって、軽いイジメを受けていること。

あと、吉村くんをなんでこんなに好きなんだろう、これは好きじゃなくて、ただの執着
じゃないかということ。

あと、家族にごめんなさいと書きました。

それで私は洗面台のある場所に行きました。
そこには、洗濯物を干す棒が天井の方についていて、首を吊るには丁度よい高さだからです。

首を吊る前に、睡眠薬を、覚えてる限り、120錠ほど飲みました。
途中吐きそうになったけれど、泣きながら全部飲みました。

首を吊る紐は、鞄のもち手のところにしようと思いました。
私は鞄といすを洗面所に持っていって、鞄を棒に引っ掛けました。
そして、いすに立ち、鞄のもち手の輪に首を引っ掛けました。
でも思ったより棒の位置が高く、上手く首をかけられません。

私は出来る限りの背伸びをして、輪に首を入れました。
入った、と同時にいすから足を離し、これで死ねるか、と思ったら


72: 2012/06/16(土) 21:58:42.38 ID:+ATxRYC70

鞄が棒からずり落ちてしまいました。
そのまま私の体は床に落ちました。

失敗しました。
馬鹿です。

それでまた泣きました。

包丁、包丁はないか、と探したけれど、どれも切れ味が悪く、お腹には刺さりません。

私は自殺の手段を失いました。
田舎なので、大きなビルなどもない。

私は泣きつかれて布団に横になりました。
睡眠薬を大量に飲んだので気持ち悪いです。
3日たった今でもフラフラしてます。

救急車は呼びませんでした。
公共の迷惑には、少しでもなりたくなかったので。

自殺に失敗した今、思うこと。

今までの自分は死んだことにします。
もう本当に彼には会いません。
なんだか生まれ変わった気分です。

変に気力が湧いています。



75: 63 2012/06/16(土) 22:02:59.37 ID:Nv2UOQAa0

「パパ−」
小さな女の子が吉村君に飛びついた。
「パパ−、ママが待ってるよ。早く行こう」
「えっ、パパって?」私はびっくりした。
「だ〜れ?このおばちゃん?」女の子はパパにしがみつきながら私を見た。
年の頃は3歳くらいだろう。最後に会ってから3ヶ月しか経っていない。
もちろん、子供がいたはずがない。私は怒りがこみ上げてきた。
「私と会ってるときには、もう子供がいたのね!騙してもてあそんだのね!」
「あのときは、あのときだ。もう五年も前の話。すぎたことだ。」
「五年ですって?あなた何を言っているの?」
吉村君はごまかすつもりだ。しかもこんな人をなめたようなことを言って。
「まだ三ヶ月しか経ってないわ」

「君は何を言っているんだ?」吉村君は怪訝そうな顔をした。
「何って、吉村君こそ何を言ってるのよ!」
私は、パスケースから書店で貰ったカードサイズのカレンダーを取り出した。
そのカレンダーを吉村君に突きつけようとして、手が止まった。


76: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 22:03:40.23 ID:1YMd6tPnO

お腹に刺さらない程切れ味悪くなるものなのか?包丁って


79: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 22:07:53.26 ID:WOckYKNL0

>>76
横に切ってるだけだろ
普通に尖ったとこ刺せば多少にぶくても普通は刺さる


80: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 22:07:57.44 ID:7MeGY4/3P

キチガイの考えることは理解できん


84: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 22:17:09.18 ID:UGTVZ4Xp0

なにが大変だったんだよ


86: 2012/06/16(土) 22:20:32.18 ID:+ATxRYC70

>>84さん
すいません・・・全然大変じゃなかったですね・・・
スレタイ変えたいorz


87: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 22:21:10.33 ID:Xne4Q7QH0

まああれだな
典型的なメンヘラだな

まあこのスレの間くらいは付き合おう


90: 2012/06/16(土) 22:25:27.90 ID:+ATxRYC70

>>87さん
すいません、ありがとうございます。


91: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 22:28:30.06 ID:83h4ryL2O

睡眠薬て沢山飲んだら死ぬんじゃないの?
今のは死なないようになってるの?

つか終わり?


93: 2012/06/16(土) 22:31:48.02 ID:+ATxRYC70

>>91さん
私は重度の不眠症なので、かなりの量と、きつい薬を貰っているのですが、
昨日病院ですべて話したとき、先生が、「睡眠薬なんかじゃ死ねないよ」
って言ってました。
多分今のは死なないように出来ているんだと思います。

あ、終わりです。短くてすいません。


94: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 22:34:00.03 ID:AB6ArGkX0

>>1
おいおい、穏やかじゃねーな。立派な?自殺未遂じゃねーかよ。
>>1は精神科通ってるんだっけ?だったら、
臨床心理士のカウンセリングも追加した方がいいと思うぞ。


95: 2012/06/16(土) 22:35:58.69 ID:+ATxRYC70

>>94さん
心療内科にかよっています。今の病院は臨床心理士さんがいなくて…
先生が女性で、いろいろ話を聞いてくださるので、カウンセリングの代わりにもなってます。


96: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 22:37:52.16 ID:Xne4Q7QH0

メンヘラはあれだな
基本的に自分が相手に尽くすんじゃなくて、相手が最大級以上に尽くしてくれるのを強要するんだよな
>>1ももっと友達や好きな相手が喜ぶ事とかを日頃から考えてさりげなくそれをやれるようになればもっと幸せになれるんじゃね


97: 2012/06/16(土) 22:41:54.42 ID:+ATxRYC70

>>96さん
そうですね、「してあげたい」じゃなく、「してほしい」ばっかりですね。
それは理解しているのですが、たがが外れると、おかしくなります。
もっと思いやりの気持ちを持ちたいです。


100: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 22:52:12.22 ID:YgrISlbR0

ホンモノのメンヘラビッチか

ここまでしてると清々しいな
じぶんにも酔ってる感がいいのう


102: 2012/06/16(土) 23:15:11.80 ID:+ATxRYC70

>>100さん
はい、ホンモノです。春になると無償にヤりたくなります。発情期みたいです、春は。


101: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 23:09:53.46 ID:nCWljM360

吉村君は想像上の人物でどーたらこーたら


102: 2012/06/16(土) 23:15:11.80 ID:+ATxRYC70

>>101さん
いえ、吉村くんは実在します。顔は吉村で髪型はyasuです。


103: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 23:21:02.38 ID:Xne4Q7QH0

んで、これからはどうするの?
吉村の事は諦められるの?


104: 2012/06/16(土) 23:23:04.01 ID:+ATxRYC70

>>103さん
まだ今は気持ちが残っているけど、諦めます。
諦められるように仕事に打ち込もうと思っています。


105: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 23:24:14.55 ID:Xne4Q7QH0

友達は何人くらいいる?相談とか出来なかったの?


107: 2012/06/16(土) 23:29:26.01 ID:+ATxRYC70

>>105さん
友達・・・すごく少ないです・・・
特に恋愛相談できる友達はひとりもいません


106: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 23:28:34.04 ID:nCWljM360

メンヘラとメンヘラに惹かれ合う


108: 2012/06/16(土) 23:30:51.89 ID:+ATxRYC70

>>106さん
吉村くんがメンヘラですか?
でも、彼も、過去に「病院に行ってたら、1ちゃんみたいに先生に言われたかもしれないな」
とか言っていましたね。


110: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 23:31:41.58 ID:nCWljM360

>>108
吉村君まともな女性と付き合えると思う?
どっかおかしいと思うなぁ


111: 2012/06/16(土) 23:34:21.09 ID:+ATxRYC70

>>110さん
私も、吉村君がやたら「付き合う」ことへの嫌悪感を示しているのが不思議で…
でも、私がいつか心を開かせる!なんて使命感に燃えていました…


112: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 23:36:28.20 ID:nCWljM360

>>111
俺も同じような女の子と付き合ったよ
2年口説いて付き合ったがセクロスしたのは口説き初めてから4年後


113: 2012/06/16(土) 23:42:54.33 ID:+ATxRYC70

>>112さん
それはすごいですね…まだ付き合っているんですか?
私には無理そうです…


114: 名も無き被検体774号+ 2012/06/16(土) 23:44:49.28 ID:nCWljM360

>>113
もう付き合ってない。5年前に別れた。
まだ忘れられてない。


117: 2012/06/17(日) 00:36:46.42 ID:j4NbITE40

>>114さん
そうでしたか、余計なことを聞いてしまってごめんなさい。


120: 名も無き被検体774号+ 2012/06/17(日) 00:47:28.86 ID:QlRjB4Jj0

変態じゃねえか


123: 名も無き被検体774号+ 2012/06/17(日) 03:01:53.10 ID:RWqLZAFh0

特に梅雨時は気分がブルーになるよな




http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1339834168/
ラベル:メンヘラ 厨二病
posted by 楽天野郎 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered By 画RSS
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。