東海日報 http://www.tohkaishimpo.com/index.html パソコンからの方はRDF site summaryをクリックしていただくと便利ですよ。

2012年11月09日

【緊急】政府、きょう人権救済法案提出を閣議決定…今国会で成立の可能性も  俺「」



1 ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★ [tokimeki2ch@gmail.com] :2012/11/09(金) 07:51:20.06 ID:???0 BE:685842645-PLT(12557)


政府は8日、新たな人権侵害救済機関「人権委員会」を法務省の外局として設置する

「人権委員会設置法案」(人権救済法案)について、9日に今国会への提出を閣議決定す る方針を

固めた。「人権侵害」の拡大解釈で憲法21条(表現の自由)が侵される恐れが あるため、

民主党の一部や自民党に反対論が根強いが、公明党は法整備に前向きで、今国 会で成立する可能性もある。



*+*+ 産経ニュース +*+*

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121109/trl12110907140000-n1.htm





4名無しさん@13周年:2012/11/09(金) 07:52:31.84 ID:gl3JHwDm0


言論弾圧ゲシュタポ法





7名無しさん@13周年 [sage] :2012/11/09(金) 07:53:12.61 ID:I3eiq1uP0


まじで大丈夫か 日本



続きを読む
posted by 楽天野郎 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】 中国経済が本気でヤバイ、445兆円の資産消滅! 日本人よ、これが真のバブル崩壊だ



1 サビイロネコ(愛知県):2012/11/08(木) 20:31:36.54 ID:ohXax+bA0● BE:2727048285-PLT(12051) ポイント特典


sssp://img.2ch.net/ico/boruzyoa.gif

中国バブル崩壊にいまさら気づいても遅い!(現役金融マン ぐっちー氏)



実は中国の労働賃金は最早安くはなく、上海などでは月間7万〜8万円と日本でアルバイトを雇うのとほぼ変わりません。

さらに時間通り来ない、すぐやめる、暴動を起こす、となれば中国に工場を出している理由はないとなり、世界中の企業が中国を去っていっています。



また「中国で商売をやるならカネを払え」と言わんばかりに、昨年11月からすべての外国人従業員に社会保険の支払いを義務付け。

失業保険、家族保険など、外国人が受け取る可能性のないものまで払わせ、その料率は地域によっては全所得の40%にも及ぶそうです。

これは事実上、外国人は出ていけ、と言っているような制度です。



では、中国のバブル崩壊はどのくらいの規模になるか、というのが問題です。



中国の統計はあてにならないので、香港、台湾などの統計を合わせて類推するしかありません。

例えば比較的正しく捕捉できる貸出残高は’10年時点で40兆元(1元=12.78円換算で約500兆円)と言われています。

日本がバブルで100兆円、アメリカがリーマンショックで200兆円吹っ飛ばしたということなので、

この500兆円の半分が不良債権化すると(日本はほぼ60%が不良債権化した)、

それらを軽く上回る250兆円相当が不良債権となる可能性があります。



因みに世界を席巻したヘッジファンドのレバレッジ後の総額がせいぜい13兆元(2兆ドル相当)ですから、

この数字がどれだけ影響の大きいものかご想像に難くありませんね。



中国で’11年に行われた年収2000万円以上稼ぐ人々への調査結果は実におもしろく、80%もの人が中国以外への移住を希望。

更に1000万元以上の資産家人口が96万人。その平均値が6000万元(約7億5000万円!!)で、うち60%は既に海外移住手続きを進めている、というのです。



約60万人分の6000万元がなくなるということは36兆元、日本円では445兆円の損失!!

海外企業が脱出し、日本のGDPにも相当しようかという金額が国外に流出。これでバブルがはじけないほうがおかしい。



詳細 日刊SPA! 2012年11月05日

http://nikkan-spa.jp/322007

http://nikkan-spa.jp/322008





3 サバトラ(dion軍):2012/11/08(木) 20:32:38.84 ID:xIgdUMqK0


ざまあ



続きを読む
posted by 楽天野郎 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered By 画RSS
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。