東海日報 http://www.tohkaishimpo.com/index.html パソコンからの方はRDF site summaryをクリックしていただくと便利ですよ。

2012年11月08日

【大学】なんと東大法学部が初の定員割れ 法曹志望、公務員志望減少が影響か



1やるっきゃ騎士φ ★ [sage] :2012/11/07(水) 10:24:25.31 ID:???


ソースは

http://diamond.jp/articles/-/27489

http://diamond.jp/articles/-/27489?page=2



今年、東京大学法学部が初めて定員割れした。

最難関の大学、そのなかでも看板学部の定員が割れた。こう聞くと、驚く人もいるかもしれない。

ただ、これは東大特有の仕組みがあるがゆえの話。

決して入学試験の定員が割れたのではない。東大は、文科I、II、III類、理科I、II、III類という

区分けで入試を行う。入試時点では学部の枠で募集をしないのである。専門課程の学部に入るのは

大学3年からだ。



文科I類(以降、文I)は、入学者の多くが法学部に行く。

実は定員割れをしたのは文Iではなく、専門課程としての法学部である。

なんだと思う人もいるだろう。

しかし、法学部の定員割れの裏には、司法試験離れ、公務員離れがあると推測されるから、

事情は単純ではない。



まず、東大における3年以降に所属する学部学科を決める仕組み、進学振り分け制度を説明しよう。

2段階に分けて、選抜をしていくのだが、大学2年の6月時点で学部学科の志望を

第1段階、第2段階に分けて登録し、9月上旬に第1段階、同下旬に第2段階の進学内定者が

決定される。

法学部の場合、文Iからの受け入れ人数が圧倒的に多いのだが、文科I類以外からの受け入れ枠も

ある。今回、定員割れをしたのは、第2段階の文Iからの受け入れ枠である。

118人の枠に対し113人にしか志望者がいなかった。



文Iであるから、ほとんどの学生が入学時には法学部を志望していたはずである。

文Iの入学者数は440人強。一方、文Iからの法学部の受け入れ枠は、第1段階と第2段階会わせて

395人と文Iの入学者数は40人強少ない。

入学当初から法学部以外に進学すすることを予定している学生もいるにしても、定員割れをした

という事実は文I生における法学部人気の陰りを意味していると言える。



東大法学部は、法曹志望者、公務員志望者が多いのは言うまでもない。

授業もきびしく、履修者の4分の1が単位を落とす科目もある。

法曹や公務員志望者ではない民間企業への就職志望者を下に見る風潮があるという。

当初から民間企業に就職するつもりあれば、わざわざ授業が厳しい法学部に行かなくてもよい

と考えても不思議はない。



今や司法試験に合格しても、弁護士として就職するのは楽ではない。

財政危機ゆえに公務員の人件費削減が声高に叫ばれ、いわゆるキャリア公務員の天下りに対する

目は厳しくなっている。そうであれば、東大生であっても法曹や公務員志望が減るのは

無理もない話だ。法学部の定員割れはそうした志向が端的に表れたケースと言えよう。

(「週刊ダイヤモンド」編集部)



-以上です-



続きを読む
posted by 楽天野郎 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【芸能】BigBangスンリ、日本の番組で愛国心を証明…「キムチなめんなよ!」 俺「え」



1ニライカナイφφ ★:2012/11/07(水) 22:35:05.32 ID:???


◆BigBangスンリ、日本の番組で愛国心を証明…「キムチなめんなよ!」



BigBangのスンリが、日本の番組で‘キムチ愛’を証明し、話題を呼んでいる。

スンリは、10月2日に放送された名古屋テレビの『ザキロバ!』に日本に居住する

外国人ゲストと共に出演。お茶漬けに合う各国の食べ物を紹介した。



この日の放送で、スンリは「お茶漬けに合う韓国の伝統料理は熟成キムチ」と紹介し、

「本当に美味しい。赤い色が食欲をそそる」と絶賛した。またスンリはMCたちが日本語の発音で

「キムチ」と言うのを韓国語の発音に訂正して紹介し、注目を集めた。



続いてあるナイジェリア出身のゲストが「キムチは韓国人が手で白菜を漬けて発酵させただけ」と

笑いながら言うと、スンリは「何でそんなことを言うんだ」と抗議した。

その後「キムチよりチーズの方が良い」などというゲストのキムチ卑下発言に、

スンリは「キムチなめんなよ!いい加減にしてよ本当」と発言し、‘キムチ愛’を証明した。

続けてスンリは「何でそんなに勝手に判断する?」とゲストの態度に不快感を示した。



この放送を見た(韓国の)ネットユーザーは、「番組の雰囲気があまり良くなかった」、

「あの状況で1人キムチ愛を証明するなんて素敵」、「キムチを紹介する姿が誇らしい」などと

絶賛した。



楽天woman 2012/11/07 15:00

http://woman.infoseek.co.jp/news/k-pop/kstarnews_entame1304658425





3<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/11/07(水) 22:36:12.82 ID:Ve36GXZR


興味ないわ〜



続きを読む
posted by 楽天野郎 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【朗報】許して!! 花王が激しい販売競争で大幅減収 営業利益77.2%減 経常利益66.1%減 純利益90.2%減



1 ボンベイ(東京都):2012/11/07(水) 22:00:51.63 ID:DC2PAv7x0 BE:324341287-PLT(12051) ポイント特典


sssp://img.2ch.net/ico/nono_hako.gif

花王の第3四半期決算、大幅減収で通期業績予想も下方修正

2012年11月7日 11:00

http://www.zaikei.co.jp/article/20121107/117234.html



 11月6日、花王 <4452> が発表した平成24年12月期第3四半期決算によると、連結売上高は2382億8700万円の前年同期比2.2%増となったものの、営業利益は11億4200万円と同77.2%減、経常利益も同66.1%減の19億4千9百万円となり、大幅な減収となっている。

また、四半期純利益も、投資有価証券評価損を特別損失に計上した結果、同90.2%減の8700万円となった。



 花王グループの主力事業である国内一般消費財業界は、店頭での激しい販売競争が続き、厳しい環境にあるという。

こうした中、ブランド育成や新コーポレートメッセージ浸透のための広告宣伝強化に加え、店頭競争激化等による販売促進費の増加により、競争費用が前年同期に比べ大幅に増加。



結果、セグメント利益(営業利益)は、前第3四半期が32億75000万円のプラスであったのに対し、当第3四半期は11億4900万円のマイナスとなっている。

また、産業用品事業に関しては、売上高についても前第3四半期から5.9%減となり、セグメント利益も同50.0%減であった。





 こうした動向を受けて花王は、通期での業績予想において、売上高こそ据え置いたものの、営業利益は40億円減の80億円に、経常利益も40億円減の90億円に、当期純利益は28億円減の42億円へと下方修正をしている。





6 アメリカンワイヤーヘア(東京都):2012/11/07(水) 22:05:24.41 ID:sGliFnDQ0


もう買わないって決めてるし



続きを読む
posted by 楽天野郎 at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered By 画RSS
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。